27歳所感。
26歳をどんな気持ちで迎えたのか。
記しておかなかったことを少し後悔。

26歳は人生で最もイケてない1年でした。
と同時に、最もリアルな1年でもあったかな。
良くも悪くも「現実」というでかい壁にぶち当たり。
得たものよりも失ったものの方が圧倒的に多く。
爽やかに、清々しい人では到底いられなかった。

27歳になるにあたり、ここ最近改めて見つめなおした26歳。

わかったことは、なにやらいろんなことがしっくりこない1年であったということ。
マイナス思考であるのは昔からの性分ではあるけれど、
ただただいつも悲観的に物事をとらえて嘆いてばかりいるわけではさすがになくて。
なんだか座りが悪いというか、はまってないというか。
自分の中でなんかがずれてる感じ。
ただ、なにがどんな風にずれているかが分からないから、
それが原因でもやもやする日々を過ごしていたのだな、ふむなるほど。
と、そこはしっくり。

もちろん歳を一つ重ねたからといって、
もやもやがぱーっと晴れるわけでもなく、
引き続き濃いもやもやの中で右往左往中ではあるけれど、

「今なんだかんだしっくりきてないのだ」

と分かっている状態であることには非常に意味があるわけで。
だからしょーがないじゃないと思える余裕が生まれるからね。

27歳はそのずれの原因を少しでも見つけれたらいいかなと思います。
引き続き現実と向き合いながら、いろんなことに折り合いをつけながら、
されど大事なものはこれ以上落としてしまわないように。

どこで何がずれてきたんだろうと振り返りながら、
落としてきたものも拾っていけたらと思います。
人生たまには逆走する期間も必要なんじゃないかしら。
何か一つでもばちっとしっくりはまった時に、
またエンジン全開がつがつ前進できると思う。
たぶん。

20歳のころに抱いた感情とはまた別の形で、
改めてこの詩を胸に刻んでおこうと思った、そんな27歳の始まり始まり。


「自分の感受性くらい」 茨城のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性ぐらい
自分で守れ
ばかものよ


と、なんだかもやもや感漂う冴えない記録になってしまったけれど、
やっぱり誕生日は心から幸せを感じる1日であることには変わりなく、
みんなの優しさと温かさに大いに感謝しています。
そして、なんだかんだと揉めることが多くなってきたけど、
結局は見守ってくれる(と信じてる)両親へ、
今年も大きなありがとうを。


25歳の記録:生誕25周年
24歳の記録:肩肘はらない。
23歳の記録:9.20
22歳の記録:拝啓、父上様そして母上様。
[PR]
# by iibuta | 2012-09-20 02:07 | Comments(2)
残暑。
何があってもなくても
時間は前に前に進むように、
気づかぬ間に自分も前に進んでいるということを
(たとえそれが必ずしも良い方向ではなくてもね)
ただなんとなく感じることが、
ふんばる力とうまくリンクし始めました。

なんとなく。

考え過ぎて感じ過ぎて疲れてしまう。のが悪い癖。
今は、なんとなく感じながら日々を過ごしていくことが
自分にとって必要だと、そんな時期なんだと
そう思ったのでした。

というわけで。
なんとなく元気になったので
ブログを書いてみましたよ平尾さん。
[PR]
# by iibuta | 2011-08-16 00:35 | Comments(4)
切実。
卒業旅行で屋久島行って
b0113840_20592467.jpg


シーカヤックして
b0113840_2101640.jpg


たのけん卒業して
b0113840_2104175.jpg


スピード再結成のち解散して
b0113840_2105965.jpg


茶道部卒業して
b0113840_2111397.jpg


ふるさと館卒業して
b0113840_2112995.jpg


への字と博多を卒業して
b0113840_2114226.jpg


福岡に別れを告げた。
b0113840_212915.jpg




そして社会人2週間を終えた今、

思うこと。





福岡に帰りたい。

切実!




以上。
[PR]
# by iibuta | 2011-04-10 21:38 | Comments(7)
うっちんと私とごんげん山と。
b0113840_1318031.jpg

ずっと心配だったうっちん。
元気で安心した。
久しぶりにたくさん話して
お互い驚くことが山ほどあって
だけど話す中で、どんなつらいことがあっても
今笑っていられたらそれでいいと思った。
癒えない傷や痛みがあっても
どんな些細なことでも今幸せだと感じれることが
1つでもあればそれでいいと思った。

痛みなんてのはどうやっても本人にしか分からないし
苦しんで戦って悩んで前向いて進んでいくのも
結局は自分の中でやってかなきゃいけないこと。
私が何かしてあげることもできないし、してあげたいなんて思うことすら
おこがましいことなんじゃないかと思う。
一緒に話して散歩してパン食べて
そうゆう時間をただ共有することで
少しでも楽しいと思える瞬間があれば
それだけでお互い幸せ万々歳。


b0113840_13181327.jpg

それにしても、お互い大人になったんだな。
人生ってほんとにいろいろあるんだな。


b0113840_13182698.jpg

だけどごんげん山は生まれたときからずっと
なんにも変わらず大学町にあって。




だから、たぶんこの先も、大丈夫だと思うんよね。
[PR]
# by iibuta | 2011-02-06 13:57 | Comments(4)
HELP ME!!

b0113840_11455529.jpg

b0113840_11431148.jpg
b0113840_11432254.jpg


誰か背中押してくれー。

前に進めない。

頭と心と体がリンクしてないんだよね。



どんって。

不意打ちがいいね。

一歩出ればあとは自然と歩き出せる。




はず。
[PR]
# by iibuta | 2011-01-10 11:48 | Comments(3)


       

Thank u 4 coming 2 my blog!
by iibuta
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
Link
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧